【初心者でも釣れる!】夏~秋の旬な釣り物特集!

釣りは季節によって釣れる魚、釣れない魚が存在します。
そこで今回は夏~秋にかけて東京湾の旬な魚を一気に紹介します。
ご紹介する魚は初心者の方でも釣れるものばかりなのでおすすめです。

メバル

 

古くから江戸前の魚として親しまれ、東京湾を代表する高級魚といえばメバルになります。
メバルは根魚と言って海底や岩礁、テトラポットに潜み、近くに落ちてきたエサを丸呑みにする習性があるので、エサはアピール重視で生きた藻エビを使うことが東京湾では一般的です。

魚体のサイズに反してアタリは大きいので、釣れた時の手応えはしっかりしています。
しかしながら、近年は高騰が続いており、スーパーで購入すると1尾1000円近くもする高級魚です。
そんなメバルも東京湾では初心者にお勧めの手軽に釣れるターゲット、船に乗ればこの通り!
スーパーではお目に掛かれない30cmを超える尺メバルが結構簡単に釣れてしまいます。

真蛸


蛸壷で採るイメージが強い真蛸ですが、実は東京湾の名物として昔から釣りの人気ターゲットとして有名です。
真蛸はテンやというシンプルな仕掛けを直接紐に結び、ワイルドに蟹を丸々一匹使って手で手繰り寄せて釣るのが今どきのスタイルとなります。

それで2kgを超える大物が普通に掛かるので手ごたえは抜群です!
また、タコは脱走名人と言われる程に逃げだすのが得意で、バケツやかごに入れた程度じゃいつの間にか自力で脱出しています。
洗濯ネットを持参し、釣った後は洗濯ネットに入れておけば、逃げ出す心配も無く釣りを続けることが出来るのでおすすめです。

太刀魚


タチウオと聞いて皆さんどんな魚か想像できますでしょうか?
普通に生活していると、なかなか一匹丸々の姿を目にすることがない太刀魚ですが、
こちらも東京湾では古くから親しまれている釣りのターゲットです。

タチウオは通称フィッシュイーターと呼ばれるくらい獰猛で攻撃的。他の小魚をおもな餌としています。
そんなタチウオ釣りなので、アジ釣りやカサゴ釣りのように、ただ糸を垂らして待っているだけでは中々釣れません。
餌であるサバの切り身を皮ごと針に刺し、竿を上下にしゃくる(振る)ことで、舞うで生きているかのように見せることがポイントです。

その日のタチウオの気分によってアタリの出やすい速度やリズムが微妙に違うため周りが釣れていなくても工夫次第で自分だけ大漁ということもよくあります。

そしてタチウオといえば、フランス料理では高級食材として扱われるだけあって、刺身、炙り、かば焼き等様々な調理方法で美味しく食べられます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。 
東京湾でもこれだけの魚が釣れます。今回ご紹介した魚は初心者の方でも簡単に釣ることができ、手応えも充分味わえます!ぜひ参考にして船釣りを楽しんでください!