【これで安心】初心者必見!船釣り用ロット・リールの選び方!

はじめに

釣り初心者の方にとって道具の購入は勇気がいり、「どれにすれば良いのかわからない」と多くの方が思われることでしょう。
特に「専門用語が多すぎてわからない・・」なんて事はよくあると思います!
釣りの道具もピンキリと言えど、それなりの値段がするため、初めて買うけど失敗したくない!という皆さんのため、どのように選べば良いか解説していきます!
実際のアイテム紹介はこちらの記事で紹介しております!
【1万円でも買える!】価格別!ロッド・リールセット紹介!

初めて買うべき竿の種類

海釣り用の竿は大きくわけると ベイトリール竿スピニングリール竿 の2種類になります。
リールもそれに合わせたベイトリール・スピニングリールがありそれぞれに適した用途があるのですが、今回は船釣り用の初心向けということで、以下の理由からベイトリール竿ベイトリールをお勧めします。
ベイトリールはスプール(糸を巻きつける筒)がハンドルに対して水平になっており、スプールの回転により糸が放出されます。
回転の抵抗が掛かる分スピニングリールよりも投げた際の飛距離は出にくいですが、糸が竿の上側を通るため、巻き上げるときの負荷が小さく、女性の力でも大物を比較的容易に釣りあげることができます。
そもそも船釣りでは魚がいる場所まで船で向かい、その真上から仕掛けとエサを投入するため、遠くに飛ばす必要が殆どないのです。
対してスピニングリールの特徴はスプールが固定されており、糸がほどける様に放出される点です。
ベイトリールよりも抵抗が少ない分遠くまで飛ばせますが、巻き上げるときの負荷は大きく感じます。
★船釣りは仕掛けを遠くに飛ばす必要がない
・ベイトリール、ベイトリール用の竿がおすすめ!

竿の調子・錘荷重・リールのギア比・ドラグ力について

初心者の方が道具を買おうとネットショッピングのページを訪れて困ることは、専門用語の多用かと思います。
いずれも竿やリールの性能を表す言葉なのですが、何を意味しているのか分からないと、何を基準に買えば良いのかも分からないかと思いますので、こちらもしっかり解説します。

竿の調子・錘負荷

竿の調子とは、竿がどこから曲がるかを表す言葉です。
6:4調子といえば竿先から4割のところから曲がり、7:3調子といえば竿先から3割のところで曲がります。
一般的に先調子(より竿の先から曲がる)の方が繊細で小さなアタリを捉えることができるため、初心者には7:3調子がおすすめです。
錘荷重とは、その竿で扱える錘の目安です。
錘荷重:30号-80号 のように記載があり錘1号=3.75gで計算されています。
必ずしも記載の錘の範囲である必要はありませんが、あまりに過荷重なものを使うと竿やリールの破損の原因になります。
船釣り初心者の方が行く釣りであれば20号~80号程度の錘を使うことが多いかと思いますので、そちらに対応した竿がおすすめです。
★調子=竿先がどこから曲がるか
・7:3調子がおすすめ!
★錘負荷=どのくらいの錘の重さに対応しているか
・錘負荷は20号~80号に対応しているものがおすすめ!

リールのドラグ力・ギア比

リールのドラグ力とは、糸を巻き取る力の上限を表しており、6㎏ならば最大6㎏相当の力で巻き取ることが可能です。
ドラグ力は最大値以下であればリールのダイアルで調節できます。
マグロなどを狙うときはドラグ力:20㎏ の様なパワフルなリールを使いますが、一般的な船釣りではドラグ力:5㎏前後でも十分活躍できます。
リールのギア比とは、ハンドル1回転で巻き上げられる糸の量を表しています。
ギア比 1:5や1:7の様に表示されていますが、これはハンドル1回転で5スプール(糸巻取る筒5回転分)、1回転で7スプールの糸が巻き上げられることを意味しています。
自転車のギアをイメージするとわかりやすいですが、ペダル1回転で進む距離が多ければ重くなりますよね。
リールも同じ原理のため、ハイギアと呼ばれる1:8や1:9のリール程ハンドル1回転が重くなります。
このページでは女性でも扱いやすい1:6、1:7をメインにお勧めです。
★ドラグ力=巻き取る力
・5kgがおすすめ!
★ギア比=ハンドル1回転で巻き取る糸の量
・1:6、1:7程度がおすすめ!

狙う魚によって道具は様々

本来であれば釣ろうとする魚によって最も適した道具は多岐に渡っています。
あたりまえですが、アジやサバを釣る竿で大きなマグロやカツオを釣ろうとしたら竿はすぐに粉砕することでしょう。
逆に大物狙いの太い竿、大きなリールでは小魚のアタリは分かりません。
そのため全ての魚に最適な1本というのは存在しないのですが、ここでは初心者の方が釣りターゲットに選ぶであろう、アジ、サバ、真鯛、シロギス、カサゴ、イシモチ、青物等々、小~中サイズの魚達へ万遍なく使える竿・リールを選ぶことをおすすめします!
どのアイテムを選べばよいかはこちらの記事で紹介しております!
【1万円でも買える!】価格別!ロッド・リールセット紹介!

例えばこのような竿!

近海青物や根魚まで対応しているロッドになります!
メジャークラフト ジギングロッド ベイト 3代目 クロステージ ジギング CRXJ-B63/3SJ


こちらはタチウオに特化したロッドです!
ダイワ(DAIWA) 船竿 タチウオ X 180

合わせてロッドケースがあると持ち運びに便利です!

まとめ

今回は初めて釣りの道具購入を検討する初心者の方へ竿・リールの選び方を紹介しました。
特定の魚を対象とした専門の道具もありますが、その道具でしか釣れないわけではありません。
低コストでもオシャレで高品質なアイテムを選んで、是非自分の道具で釣りをしてみてください!