【船釣りをワンステップ上へ】あったら便利なアイテムランキング!

今回は皆さんの船釣りをワンステップ上へと押し上げる、あったら便利なアイテムをランキング形式でご紹介します!
必ずしも必須というわけではないけれども、持っていることでよりお手軽に、楽しく、美味しく釣りを楽しむことができます。

第5位:神経締めセット

皆さんは神経締めをご存じでしょうか?
活締めはよく聞きますが、活締めよりも魚の死後硬直を遅らせる事ができより鮮度を保てる締め方になります。

魚は生きているだけで体内のATPという旨味成分を常に消費しており、絶命した後もしばらくは筋肉や内臓でこの旨味成分は消費され続けています。
そこで神経締めを行い脳と脊髄を破壊することでその消費を止めさせ鮮度を保つ事が出来ます!

神経締めの道具としは鋭い針と細い針金がセットになったものが一般的です。
釣りあげたあとに自然死した魚(野締め)と生きている間に神経締めした魚(活け締め)とでは食べたときの差は歴然です!

神経締めの手順
1:魚の眉間から針金を入れ脳を破壊する
2:そのまま脊髄を破壊する
3:血を抜く

第4位:メッシュバッグ

釣り道具がかさばったり、海水やエサのオキアミで汚れたりするのは避けられません。
さらにそのまま放っておくと錆びてしまい使えなくなってしまいます。
そういう時はこのメッシュバッグ一つで小物をまとめて持ち運んだり、ハサミやジグ、プライヤー等の小物を全部詰め込んで丸ごと水洗いする事ができます!
洗い終わったらそのままバッグに入れて干すこともできるのでとてもおすすめです!

第3位:サカナイフ

こちらは名前の通り魚を捌く事に特化したナイフです!
クラウドファンディングで合計1,300万円の資金を調達して作られた魔法の包丁です。
このサカナイフは一本で魚を捌くことに必要な全ての機能を備えています。
鱗引き・トレースライン入れ・頭落とし・三枚おろしと、それぞれサカナイフの部位を使い分けることで一本で行うことができます。
特に三枚下しがとてもやり易く、まだ魚を上手く捌くことができない人にとっては慣れるまでお勧めできます。
しかも捌き方DVDや収納ケースも付いているのがさらにおすすめポイントです!

第2位:コンパクトメジャー

初心者の方でも予想もしていない大物が釣れることはあることです!
ましてや海での釣りはどんな魚が掛かるか分かりません。
その日一番の大物が釣れた時はやっぱり記録に残したいですよね?

SNS上に写真を載せるときにも測定結果が分かりやすい大きな文字表示、汚れにくく濡れても大丈夫な素材、折り畳めて持ち運びが楽、フィッシング用のメジャーはこのあたりの機能をしっかりと備えています。

最近はスマホのアプリで撮影すると自動で画面上に計測結果表示してくれるメジャーもあるので、こちらもおすすめです!

第1位:Gゼロクッション

船に乗っている時間は1日船だとだいたい6時間以上、船で座りたくても座るところが濡れていたり硬くて嫌だなぁという人は多いと思います。
特に長時間固い船のデッキに座り続けると下船の頃には相当腰とお尻にきます。
そこで便利なのがこのGゼロクッション。
ゲル状の素材でできており長時間の座っていても疲労を感じにくく、海水に濡れても平気な素材のため釣りに最適です。
コンパクトタイプで持ち運びにも便利なので、是非とも使用をお勧めします。
釣り用の道具というわけではないですが、船から降りた時の疲労感は全然違います!

まとめ

便利なアイテムをランキング形式でお届けしました!
どれも持っていれば釣りがより楽しく・美味しくなるアイテムかと思います。
何が起こるか分からないのが釣りの醍醐味でもありますので、いざという時の為に備えておくと色々と便利かもしれません。
ワンランク上の船釣りを目指して、ぜひともお試しください!
☆良かったらブックマークお願いします♪☆
☆釣りバルSNSも更新中♪ぜひフォローお願いします☆
Instagram:tsuribaru_official
Twitter:tsuribaru